楽で稼げる最強のアルバイト!治験の流れを簡単に説明します!

最近のコメント

コメントなし

ライフハック
この記事は約7分で読めます。
ひきにく
ひきにく

この記事では治験が気になっている方に向けて、実際に治験に4度参加した僕が治験の流れをご紹介します。

 

治験ってなに?と思われた方は簡単にまとめましたのでこちらの記事をどうぞ

僕は4度ともこちらの北陸医学ボランティアの治験に参加しました。

その為、他の大手治験サイトとは流れが違うかもしれないので、参考程度に。

スポンサーリンク

治験アルバイトの流れ

  • 治験サイトに登録、応募

大手の治験サイトを貼っておきますので興味のある方はまずは登録してみてください。

  • 実施二週間前~一週間前に事前検査を受ける。

ここでは与えれた事前検査日から一つを選択して参加します。

  • 入院開始

入院生活の大まかな内容を書いています。

  • 報酬金振り込み

退院から報酬金振り込みまで書いています。

まずは治験サイトに登録しよう

有名どころだと

以上4つの会社があるのでまずは登録して希望の日程、場所を検索して治験があるかどうか調べましょう。

調べたら気になる治験にエントリーしましょう

2週間入院や、3泊4日2回・3泊4日1回+通院5回など様々なパターンがあります。

その後事前検査の日程に関する連絡が電話かメールで来るので、希望日を伝えましょう。

治験を受けるまでの流れ

  • 治験情報サイトに登録する
  • 参加できそうな治験情報を調べる
  • 治験にエントリーする(Web上で応募できるところが多い)
  • 会社から連絡が来るので参加に合意し、諸注意を守る

事前検査に参加します

事前検査は候補日が事前にいくつか用意されているので自分の都合に合わせて参加できます。

平日の昼しか選択肢なかったので社会人は参加しにくい印象でした。

事前検査では定員に絞るかつ健康な成人かどうかを判断する検査なので、健康基準に満たない人や、他の候補者と比較して健康でないと判断された場合、治験には参加できずここで終了となります。

受からせる試験ではなく、落とす試験。

痩せすぎ太りすぎも予選落ちとなります。

  • BMIは18.5~25以内でないと落とされます

また事前検査の三日前から運動、飲酒は制限されます。

事前検査で落とされたとしても、検査報酬+交通費はもらえます。

僕の場合は検査報酬が2000円でした。

二時間ほどの検査なので時給千円のアルバイト+健康診断と考えれば美味しいです。

入院開始

入院を開始するにあたって色々と私生活を制限されます。

例えば入院5日前からは

  • 薬の服用
  • 飲酒
  • 暴飲暴食
  • 運動

が制限されます。

入院前日に関しては

  • 禁食

です。

また原則治験の期間中約1ヶ月程は他の外用薬や内服薬の利用は禁止されています。

治験を行う機関・治験の種類によって制限内容が異なるかもしれませんが、これまでこういった制限がされてきました。

これらの制限を破ってしまうと入院が始まっても強制退去になることがあります。

実際にそのような被験者を見てきました、気を付けましょう。

ひきにく
ひきにく

非健康者や規則を破るものには厳しいです。

事前検査をくぐり抜けさらに生活制限を守った選ばれし成人だけが治験入院生活が始まります

入院中は、新薬投与、採決、検尿、食事、入浴の時間が決まっていますが、基本的にその時間以外は何をしていてもいいです。

勉強するもよし、病院に完備してある漫画を読むもよし、お昼寝するもよし、こうしてブログを書いてもよしとにかく運動以外なら何をしててもいいです。

食事は病院から出されたものしか食べれないですが食費も浮きますよ。

また入院するまでに被験者からのドタキャンを恐れているのか、かなり頻繁に連絡が来ます

治験に参加することが決まったら連絡がきてないか確認するようにしましょう。

報酬金振り込み

事前検査、健康な体、制限された生活、入院生活これらすべての要素を満たしたものが報酬金を手にすることができます。

報酬金は僕が受けてきた治験を例に挙げると以下の通りでした。

  • 2泊3日の入院×2回で7~8万円
  • 3泊4日の入院×2回で9~12万円
  • 4泊5日の入院×2回で12~14万円

入院してボーッとするだけで10万円を手にできるので楽すぎる最高のアルバイトだと思っています。

それと同時に身体をサンプルとして提供しているんですけどね…怖い。

最近元気だして行きましょうエー○イの治験で死亡事故も起きましたしね…怖い。

退院後1週間ほどで報酬金が指定した銀行に振り込まれます。

治験のいいところの一つなんですが治験で得た報酬金は非課税です。

なので大学生にありがちな「いっけねー治験の報酬金含めたら103万超えちゃったから税金かかっちゃうよ」とはなりません。

スポンサーリンク

まとめ

過去に三度治験に参加したひきにくですが、今振り返ると中々美味しい仕事アルバイトだったなあと感じます。

簡単に僕が思う治験のメリットデメリットを書いておきます。

メリット

  • とにかく楽

入院中はアルバイトと違い強制されることなく何をしててもいいので楽です。本当に楽です。

  • 報酬金が高い

アルバイトで治験の報酬金を稼ごうと思うと中々難しいですが、治験だと薬を飲んで飯食ってうんこして、昼寝して、採決するだけで〇〇万円は当たり前です。おすすめです。さっきとないようが被っています。

  • 無料で健康診断が受けられる

治験に合格するということは一体どういうことなのか考えてみましょう。

  • あなたの身体が健康であると証明されることなのです。

健康診断って5000円はかかるけど治験なら健康診断をしてもらう上にお金がもらえるので言うことないですよね。

デメリット

  • 実験体になるということ

治験という名前ですから実験です。自分の身体を実験体として病院に提供するんです。

それはもう得体のしれない怖さがあります。

2泊3日で30万とか不自然に高い薬はなんだか危険な香りがプンプン漂っているので、やめときましょう。

あくまで個人の意見ですが…

ちなみに僕はジェネリック薬の治験しか受けていないのでそこまで心配はしていませんでしたし、実際に健康被害にあってもいません。

気づかないだけで何かが起こっている可能性もありますが…

怖いですね。

  • 注射嫌いにはつらい

入院中に予想を遥かに超える回数の採決をされます。二回の入院で20回はされます。

始めの方はノリノリで採決を受けられるんですが、何度も注射をすると、血管って硬くなるんですよね。

硬くなった血管に注射を刺されるのは本当に痛いんです。(看護士さんの技量にもよるんですが)

またうまく採決が出来ないとやり直しなんてこともあるので場合によっては30回以上採決されることもあります。

元々注射に抵抗がなかったんですが、今では注射嫌いです怖いし痛い。

結果

治験の流れから報奨金の目安、メリットとデメリットを書いてきましたが、僕の意見としては治験は超おすすめです。

注射が苦手な方にはおすすめはできませんが、楽に大金が得られるのでおすすめです。

単位を取り終わって暇な大学生なんかは是非受けてみてはいかがでしょうか?

まずは登録してどんな案件があるのか眺めてみては?

僕でよければ質問も受け付けますよ!

それでは!

タイトルとURLをコピーしました