治験って?安全?いくら稼げるの?治験をするならこのサイトに登録しよう!

最近のコメント

コメントなし

ライフハック
この記事は約5分で読めます。
ひきにく
ひきにく

この記事では怪しい高収入アルバイト「治験」についての説明をしていきます。
ちなみに私は実際に治験に参加したことがあります。

貧乏学生だった私は数回「治験」に参加しお金を稼いできたわけなんですが、今回は治験について書いていこうと思います。

治験の体験談はまた後日書こうと思います。

スポンサーリンク

治験とは?

  • 治験とは製薬会社が開発した薬を実際に販売する為に必要な薬の検証試験です。

臨床試験ともいいます。

薬が販売されるまでには長い長い期間・審査を要するんですが、その最終段階に当たります。

この治験に至るまでに薬の候補を探し出す「基礎研究」があったり、動物を対象に安全性を試す「非臨床試験」というものがあります。

  • 基礎研究

植物・動物・鉱物などからの抽出や、化学合成・バイオテクノロジーなど様々な科学技術を活用し薬の候補となる化合物をつくり、その可能性を調べる研究です。

基礎研究には2~3年の期間を要します。

  • 非臨床試験

薬になる可能性のある新規物質の有効性や安全性、毒性、動物や人工的に育てた細胞を用いて検証します。

非臨床試験の結果問題ないとされる新薬だけが第一相臨床試験に進めます。

非臨床試験には3~5年の期間を要します。

基礎研究を第一段階。

非臨床試験を第二段階とするならば

  • 治験は第三段階に該当します。

非臨床試験とは違いヒトを対象に薬の検証を行います。

第三段階の治験の中にも、第一相臨床試験、第二相臨床試験、第三相臨床試験の三つのフェーズが存在します。

第一相臨床試験

第一相臨床試験はボランティアで募った少数の健康な成人に新薬を投与し、代謝、排泄に副作用はないかという観点で安全性を市薬品の確認します。

動物から人間へと検証の対象が変わる初めてのポイントなので、人体実験といっても過言ではありません。

治験はこの第一相臨床試験に参加することになります。

私自身治験に5度参加していますが身体に以上が起こったことはありません。

第二相臨床試験

第二相臨床試験とは、実際に病気を患っている、少数の患者さんを対象に新薬を投与して安全性と有効性を確かめる試験です。

この段階で薬の容量なども探っていくことになります。

少数というものの100から300例という臨床データが必要となります。

第三相臨床試験

第三臨床試験ではより多くの患者に新薬を投与し、薬の安全性、有効性、副作用の症状を検証することになります。

また従来の治療薬と比較し安全であるかどうかという検証もします。

第三相臨床試験では、1000~3000の臨床データが必要となります。

もはや新薬が市販化されているのでは?と錯覚するほどのデータ量。

第三臨床試験を終えるまでに3~7年の期間を要します。

その後新薬申請(2~3年)の期間を経て無事に新薬が発売されるわけです。おめでとう!

つまり新薬が発売されるには約20年ほどの期間がいるわけですね…

多大な時間、検査、費用がかかるため薬として正式には発売される確率は1万分の1と言われています。

今この瞬間に「本当の本当に嘘偽りなく髪が生えますよ最強薬」の開発が進められれば、いい感じにハゲるであろう10年後に優良ちょいハゲモルモットとして治験に参加できるわけです。

完全にハゲあがる20年後には、市販化された薬の効果を誰よりも体感できるわけです。ふっさふさやで

治験は安全なの?

日本国内で行われる治験のほとんどはジェネリック医薬品の臨床試験なので基本的には安全であるとひきにくは考えてます。

素人ですので詳しいことはわかりませんが…。

でも安全だということを体が証明しています。

それでも世界的に見れば死亡例や入院した例が過去にいくつかあるので100%安全とは言い切れません。

日本国内で行われた治験での死亡事故はなかったはず。

もし仮に入院や治療が必要になるほどの重い副作用が発生したとしても、身体的な障害が生じた場合は「医薬品副作用被害救済制度」という救済が受けられます。

製薬協のホームページにも「治験で医薬品を適正に使用したにもかかわらず副作用による一定の健康被害が生じた場合に医療費等の給付を行う」と明記されています。

安全なの?どうなの?と問い詰められたら、100%安全ということはないという回答になります。

追記

2019年にエーザイで治験による死亡事故が起きています。

治験参加による報酬額

治験の報酬額は僕が今まで受けた中だと

2泊3日の入院×2回で7~8万円

3泊4日の入院×2回で9~12万円でした。

4泊5日の入院×2回で12~14万円でした。

  • 1日当たり1万~1万5千円です.

普通にアルバイトをするよりかはよっぽど割はいいです。

その分健康を害するリスクがありますが…

ちなみに治験でもらえるお金は完全非課税なのもありがたい。

治験情報はどこで探す

私は以下の4サイトで治験情報を探しています。

 

治験はまとまった日数が必要なので会社勤めの方には厳しいかもしれません。

事前検査なんかもありますし”健康”でないと受けれません…

責任はとれませんが、興味のわいた方はぜひ受検してみてください!

学生には特におすすめですよ!!!!!

タイトルとURLをコピーしました