カロリーオフのお菓子?ビール?必要なのは簡単に太るためのカロリーオン商品だ!

最近のコメント

コメントなし

ネタ
この記事は約6分で読めます。
ひきにく
ひきにく

世の中に蔓延るカロリーオフ商品を皮肉り、カロリーオン商品を崇めるそんな記事です。太りたい人間を代表してカロリーオン商品のデモ活動をしていると思ってください。

突然ですがここ数年でカロリーオフ商品が急増したと思いませんか?

この風潮にうんざりしています。

太りやすくて悩んでいる人がいるなら、何を食べても太れなくて悩んでいる人もいるはずでしょが。

そういったニーズを叶えなさいよ!まったくもう!怒ってますよ?

スポンサーリンク

カロリーオフ商品の台頭

なんでもかんでもカロリーオフの時代。

昨今は履くだけでダイエット効果のあるタイツにもカロリーオフという表記が…

物理的カロリーオフ。新しい。

我々の住む日本がこうなってしまったのも

「女性は痩せていたほうが美しいんでしょ?教」信者のデモ活動によるところである。許すまじ…普通がいいんだよ…

彼・彼女らの痩せたい!という気持ちを文字にしSNSで投稿すればその行為は立派なデモ活動であると言ってもいい。

  • 一般的に女性は男性よりも食事をすることが好きだ。

そして実は男の子より多く食べたい生き物なのだ。(ハム太郎なのだ。)

しかし女性にとって細いということは少しでも自分を美しく見せるための有効な一手なのである。

多くの女性は「美味しいものを好きなだけ食べたい」「太って醜い姿になりたくない」の接近−回避型の葛藤の狭間で未来永劫悩み戦い続けるのである。

この葛藤の狭間は桶狭間の戦いよりも重要な現代の三大戦いであるとする歴史学者も数多く存在する。

そんなたくさん食べたい!でも太りたくないという女性のニーズに応えるように

多くのカロリーオフ商品が生まれてきた。

「0カロリー」商品をなんの抵抗もなく受け入れられるくらいに、カロリーオフ商品は我々の生活に寄り添っているのである。

  • 痩せたいの一言は社会に対するデモ活動
  • 食べたいでも痩せたいの狭間で戦うことは桶狭間の戦いよりも重要な戦いある。

そもそもどうやってカロリー0にしてるの?

皆さんは考えたことがありますか?

どうやってカロリーを0にしてるんだろう?と

カロリーオフはまだわかる。常識的。

  • カロリーオフにする方法なんてDNAを撹拌するのと一緒でしょ?(想像)

撹拌するとカロリーがバラバラになって減るんでしょ?

きっとそうだからカロリーオフはまだわかるんだ。常識人。

しかし問題は日本企業の努力の賜物「0カロリー」である。

本来であれば、確かにそこに存在していたであろうカロリーを0にするってやばくね?

カロリーオフならまだしも0カロリーってすごくね?え?すごくね?

自然界にもともと存在する0カロリーは水とキュウリだけでしょ。

日本国民はもっと0カロリーの凄さを感じてください。
そんなカロリーオフ推進派の意見が強い日本であるが

私は声を大にして言いたい。

カロリーオン商品を出して!!!

  • カロリーオフ商品はDNAを撹拌するのと同じ容量で作られる
  • カロリー0商品はなんか身体に悪そう
  • 自然界に存在する0カロリーは水ときゅうりだけ

カロリーオン商品への想い

これまで勝手に世の中の女性像を勝手に決めつけ時には女性を傷つける形で、カロリーオフのことを書いてきた。(ごめんなさい)

こんなにも中傷してきたが、実際私にとってカロリーオフ商品なんてどうでもいいのだ。

これまで書いてきたことは全てカロリーオン商品を熱く語る為の余興に過ぎないのである。

  • 私は太りたい。そう私は太りたいのだ。

学生時代からずっとガリガリで人並み以下しか食べられず食べたらすぐに便意を催してしまう。

そんな永遠の三歳児体質の私の望みは、少ない量で太ることができることだ。

そんな商品をこの世に売り出してほしい。

カロリーオン商品というくくりでこの日本にムーブメントを起こそうぜ?

同じような望みを持つ男性は意外と多いんではないだろうか?

楽して痩せたいではなく楽して太りたいのよ。

理想のカロリーオン商品

  • 企業努力によって実現した低コスト。
  • 同じ値段で従来品のカロリー1.5倍増し。
  • 人工的にカロリー増加させたことによる劇的な健康被害。
  • 体に悪い=旨いという破滅的数式。
  • 5Kg10Kg20Kgと加速度的に増える体重。
  • 体脂肪率100%の未知の世界。

そんな悪魔のような商品があってもいいのでは?

戦後嫌というほどアメリカンナイズされてきた日本であるのに、さすがに高カロリー商品が少なすぎるのではないか?

もしそんな商品があったならば栄養価が高く太りやすいという理由で、粉ミルクを飲んで家族にドン引きされたという悲しき過去を持つ僕のような人間はこの世に存在しなかったのではないだろうか?

しかし驚くべきことに日本にもカロリーオフというメジャーシーンからひっそりと身をひそめ、アメリカンナイズの精神をしっかりと受け継いでいる商品があった。(アメリカンナイズってなに?)

日本にもあった低価格で高カロリーな商品

国民的焼きそば「ペヤング」

まるか食品が作り出すペヤングは社会のニーズに逆行するかの如く、常に体に悪そうなもの前衛的な焼きそばを発売している。

なんとも魅力的な体に悪そうである。

あえて言おう最高だと…

次に紹介するのは山崎製パンが発売する「デニッシュリングカスタード」

このパン一つでなんと1429Kcal!!!

その姿はもはやカロリーのホールインワン!!!

なんとも魅力的体に悪そうなパンである。

ちなみにカロリー爆弾パンには弟分もいます。

あえて言おう最高だと…

同じく山崎製パンから発売されている「ロングチョコクリームパン」

Image with no description

そのカロリーはなんと1321Kcal!!!

その姿はもはやカロリーの新幹線!!!

なんとも魅力的体に悪そうなパンであろうか。

(さっきから例えるのが下手くそすぎる)

あえて言おう最高だと…

日本にも社会を変えてくれそうな素晴らしい企業が存在する。

現代におけるユートピア。

日本にカロリーオンの波が来てほしい。

落とせ落とせよカロリー爆弾。

そうすることで太っている人はカロリーオフを求め

痩せている人はカロリーオンを求めている。

理想の社会にができあがるのだ。

そんなカロリーオンの世にするために皆様の

清き一票を!!!!!!!

  • 500円以内で2000キロカロリー摂取できる商品が欲しい
  • カロリーオフとカロリーオンの2大政党の設立
  • 落とせ落とせよカロリー爆弾

最後にこの商品は健康的に太れるので、お水にさっと溶かして飲むと効果的に太れます。

タイトルとURLをコピーしました