嫌いな人の特徴は自分にも共通している!?なぜ彼・彼女が嫌いかがわかれば自分の短所がわかる。

最近のコメント

コメントなし

オピニオン
この記事は約4分で読めます。

皆さん生きていれば嫌いな人の一人や二人は必ずいることと思います。

今回紹介するのは自分のの嫌い・苦手な人の嫌いな部分は大体自分自身の嫌いな部分と一致している説を立証していきたいと思います。

スポンサーリンク

嫌いなアイツは実はオレ!?!?

あなたが嫌いな人と聞いて真っ先に浮かんだのは誰ですか?

会社の上司・クラスの友達もどき・ひどい振り方をしてきた元恋人・場合によっては血の繋がっている両親や兄弟が嫌いという方もそう少なくないでしょう。

あなたが嫌いな人の中でも嫌いな部分を思い浮かべてみてください外見?声?性格?

嫌いな人で思い浮かぶのはその人の言動だと思います。

外見や声が嫌いだと思うのは、その人の性格が嫌いだから。

どうしてこんなことができるんだろう?

どうしてこんなひどいことが言えるんだろう?

どうしてあの人はああなんだろうか…

一度苦手・嫌いになってしまうと人間は

と相手のことをどうしても理解できず頭を抱えることがると思います。

こいつとは何度か仲良くしたいと思ってはいるんだけれどもなんだか気に入らないうまくいかない。

その原因はズバリ「嫌いなアイツは実はオレ!?」です。

復唱しましょう「キライナアイツハジツハオレ!?」

Me = He, He = Me????

It’s crazy thinking!!!!

嫌いと嫉妬は違う

まず人を嫌うということと羨ましい僻んでしまう憎いということは全く違うということを伝えたい。

僕自身もここはよく混同しがちになりますが…

例えば、大したスキルも持っていないのにいつも自分に自信を持っているアイツが嫌いだ。

なんて想いを誰かに抱いたことはありませんか?

これらの特徴は一見嫌いに繋がると思いきやこれらは実は、羨ましいという気持ちから起こる、負の感情なのです。

自分はアイツのように振る舞えないけどアイツはそれをなんなくこなす、恥ずかしげもなくできてしまう、そんな感情からくる「嫌い」は嫉妬です。

嫉妬は認めたくない醜い感情です。

人間は自分が劣っているとは思いたくないものです。

それを「嫌い」ということ言葉で正当化し自らの優位性を保ちたいという気持ちが少しでも残っているのであればそれは嫉妬です。

嫉妬している自分が存在しているということを認めるとその人のことは嫌いでなくなりますよ。

まあ気に入りはしないんですけどね…

人は自分のダメなところに目を向けたくない生き物である

題の通り人は自分自身のダメなところ嫌いな所を見たくない生き物である。

あなたが自分自身で嫌いなところはどこだろうか?

3つ思い浮かべてみてください。

我慢ができないところ?人を傷つけることででしか笑いを取れないところ?中身が空っぽなところ?

理由は様々あれど自分自身の嫌なところにはあまり向かい合いたくないものです。

ちなみに今挙げた3つの特徴は全て僕ひきにくが思う自分自身の嫌いなところです。

ではあなたが挙げた全ての嫌いな特徴を持つ人間が近くにいたら?と想像してみてほしい。

この段階では嫌悪感を持つ人は少ないと思います。

それでは次に3つの特徴を持った人間が他人に不快な思いをさせている所を想像してみてください。

例えば僕ひきにくでいうと「我慢ができない」という特徴だと、黙っておけばいいものを気に入らないからといって我慢せずに口に出してしまうことだったり、相手が傷つくとわかっていてもこう発言すればウケるだろうなという気持ちを優先して笑いを取る行為です。

そのような自分の行動によって誰かが傷ついているとするならば、僕は目も当てられませんし、恥ずかしい気持ちになってしまいます。

3つの特徴を持った人に対して恥ずかしさ、みっともないなという感情を抱くのではないでしょうか?

人は自分と同じ短所が見え隠れする人間を嫌いになってしまう

古来日本より「同族嫌悪」という言葉があります。

これは文字通り同じ種類や系統のものを嫌悪すること。

自分と同じ趣味性質を持つ人に抱く嫌悪感。という意味です。

先程自分の嫌なところは見たくないと言いましたが、自分の嫌なところを体現する人間が1時間、30分でも身近にいたらあなたはどう思うだろうか?

空気の読めない発言・人を傷つけてでしか笑いを取れない・わかっていないのに背伸びをしてわかったふりをするそんな人間がいたら本当に関わりたくないです。

その理由は自分自身の嫌いなところが他の人と酷使しているから。

自分と似ているそれだけでマイナスポイントなんです。

スポンサーリンク

まとめ

なぜ人気者の彼が嫌いなんだろうと考えた時に、当てはまる理由が経験則ですが大体の場合嫉妬もしくは同族嫌悪である場合が多いです。

両方が作用しあってより嫌いになっているのかも…

アイツは俺とダメなところが一緒なのにどうして人気があるんだ、どうして自信満々でいられるんだなんて思いますもんね、小さい。

しかし僕が言えることは誰かを嫌いな理由を特定してしまえば自分の小ささやあ直すべきところが必然的にわかるので一度じっくり考えてみるのはおすすめですよ。

嫌いな人のことを真剣に考えるのも時間の無駄とも言えますが…

そして無理に仲良くする必要はないです。

ここまで書いておいてかなりまとまりのない文で申し訳ない…

タイトルとURLをコピーしました