頭のおかしい煽り運転ドライバーの心理を考えてみた

最近のコメント

コメントなし

オピニオン
この記事は約5分で読めます。

今回はあえて煽り運転キチガイドライバーの側に立って、彼らがなぜ煽り運転をしてしまうのかを考えていこうと思います。

ちなみに僕は日頃全く煽り運転はしません、友達が煽り運転してた時は素でキレました。

そのくらい煽り運転が嫌いです。

よくYouTubeにあがっている煽り運転・キチガイ運転の動画を見て軽くキレています。

そんな僕ですが今回ばかりは煽り運転サイドに立ってみます!!!!!!

スポンサーリンク

急いでいる

はい煽り運転をしちゃう理由ランキング第1位は「急いでいる」です!

理由は通勤・退勤ラッシュ時にいつもの道を運転すればわかると思います。

人間誰しも朝は時間がないんです!

そんな時間がない朝に法定速度そこそこのスピードで走る前の車。

このままいけば遅刻するかもしれない。

そういった状況に立たされると人間は…焦りから煽りますオラオラオラ

信じられないくらい煽ります。

いつもは煽り運転をしない心穏やかなドライバーも朝だけはマナーの悪い煽り運転ドライバーに姿を変えます。

「オラア!とっとと行かんかい!遅刻したら責任取ってくれるんか!?許さんぞノロマ!!!」

いつもより長い間気持ちよく眠ってしまった自分の不出来を棚に上げて周りにぶつける。

実際に運転していて煽られることが多いのは通勤の時間帯ですね。

煽っている自覚がない

二つ目は煽っている自覚がない。です。

煽り運転にも種類がありますよね。

車間距離を詰める、幅寄せ、クラクション、ハイビーム、挙げ句の果てには追い越して目の前で急ブレーキ、信号待ちの間に車から降りて怒鳴りだす輩もいます。

これらの中でドライバーが自覚なく煽り運転をしている可能性が高いものが、車間距離を詰めるです。

車間距離感覚って本当に人それぞれでして、ピッタリ背後にくっつける人もいれば、1.5台分車間距離を開ける人もいます。

運転に自信があるかどうかが車間距離に表れなんでしょううが、常に車間距離を詰める人は、車間距離が近いという自覚がありません。

故に車間距離が近いこれは切っても切り離せない関係です。

煽り運転がかっこいいと思っている

三つ目は煽り運転かっこいい、速いオレかっこいい、悪なオレかっこいいという価値観を持ついわばヤンキーです。

人間ってみなカッコよくありたい、可愛くありたいと願う生き物です。

それならば最大限のカッコよさ出してやりましょうよ、愛する女の前で。

そうです!彼らにとっては悪ぶったクレイジー運転がかっこいいんです。

許してあげてください。

そしてそんな彼車の助手席に座っている女はあらぶった彼をかっこいいと思ってしまうんです。

思ってしまうんです。

何だかんだ悪い奴って常に恋人いますからね…

この世に蔓延るヤンキー漫画が良くないですよね。

かっこいいですから憧れちゃいますね。

まとめ

煽り運転ドライバーの気持ちを汲み取ってみると「急いでいる」と「自覚がない」と「カッコつけたい・悪ぶりたい」意外に理由が見当たらないんですがいかがでしょうか?

また煽り運転をされている…!?とすぐ疑ってしまう人間が実際多いと思います。

僕は後続車の車間距離が近かったり、ライトが少し眩しいだけで精神状態によっては「煽られてる!?」と感じちゃいます。

イライラしてる日だと特に過敏に反応してしまいます。

家について落ち着いて考えると特に煽り運転でもなかったなということが度々あります。

またその逆もよくあって、逆とはブレーキを踏むのが面倒くさいから一時的に先行車との車間距離が近くなってしまった時に、先行車がわざとゆっくり運転しだすということも…

これは煽られていると感じた側が後続車に対して行う些細な反抗心の表れですね。

そんなつもりじゃないのにごめんね…

しかし煽り運転といっても多種多様で「車間距離が近い」なんかはまだ可愛い方です。

ハイビームで照らされたり、幅寄せ、追い抜いてからの急ブレーキ、道を譲っても永遠とつきまとうストーカー運転など悪質な運転はいっぱいあります。

ドライバー同士が口論となって後続車に轢かれて息を引き取ったという悲しい事件も世の中には存在するので煽り運転なんてやめてもらいたいですよね。

とはいっても運転中ってイライラするんだよなあ…なんででしょうね…僕は故意に煽ったりはしませんが…

最近は酷い煽り運転に対してドライブレコーダーの証拠映像を警察に見せたら煽りドライバーが捕まったなんてニュースもよく聞きますから、ドラレコは必要不可欠なものになっていますよね。

煽られないためにもドライブレコーダ導入しましょう!

あなたの信じられない煽り運転体験募集しています!

タイトルとURLをコピーしました