関ジャニ∞脱退・ソロ活動始動、渋谷すばるに物申す!それでいいのか渋谷すばる…

最近のコメント

コメントなし

オピニオン
この記事は約7分で読めます。
これは音楽の更なる高みを目指し、関ジャニ∞を脱退・その後ジャニーズ事務所を退所した渋谷すばるに物申す記事である。

ジャニーズで最もカッコいい男、いや最もカッコよかった男。

それが渋谷すばるなのである。

完全に独断と偏見で決めたので、異論がある方もいるだろう、いやいない。

僕は20代半ばの男性で、珍しいかもしれないが関ジャニ∞好きなのである。

いい歳して同性のアイドルグループが好きというのはなかなか恥ずかしいものですね…

渋谷が脱退するまではファンでした。(ライブに参戦したことはありません…にわかでしょうか)

毎週クロニクルとジャニ勉を欠かさず見てた時期もありましたし、8UppersとJUKE BOXの初回限定盤DVDも持ってるし、渋谷のソロコンのブルーレイを持っています。

個人的にはJUKEBOXがおすすめです。

バンド曲が多めで、前半の宇宙に行ったライオン、後半のYour WurltizerからのWest Sideの流れは惚れ惚れします。

いつもはバラエティでおちゃらけた関ジャニがこんなにかっこいいのか…と度肝を抜かれました。

それくらい好きだったので、渋谷が関ジャニ∞を脱退すると聞いた時はどうしてライブに行かなかったんだろう…、生歌を聴きたかった…海外で音楽の勉強をするらしいし、数年はライブにいけないだろうな…という後悔の念が後を立ちませんでした。

そんな失意のどん底にいる僕に朗報が…!

スポンサーリンク

渋谷すばるです。公式サイトオープン〜ソロ活動始動〜

おいおいおいおい…

やってくれたな、おい…

予想の遥か上を上回る速さで、活動開始したな?おい!

彼の考えでは、ファンに惜しまれているうちに、活動を再開したかったんでしょうね。

KAT-TUNの田口君が悪い例ですし、忘れ去られてしまっては、元も子もありません。

なにはともあれこれからが楽しみじゃねーか!、と心を躍らせました。

公式サイトでは東南アジア?と思われる動画が貼り付けされていて、(トゥクトゥクが走っていたので)ジャニーズを退所してからの彼の活動が記録されていました。

これで、彼のソウルフルな歌声が聴ける…やった!ハッピー!人生の楽しみが増えた!

めでたしめでたし…完

とはならず、ここからが本題です。

物申していきましょう。

関ジャニ∞脱退の理由を思い出してくれ

「自分で音楽を学び、自分の力で1からやっていきたいから。」

2018年4月15日に開かれた渋谷の会見で明かした脱退理由である。

背景には残りの人生をどう生きたいか、このままジャニーズという巨大な組織に守られて活動していくのではなく、自分の力で、音楽だけに力を注ぎ余生を全うしたいという彼の気持ちが伝わってきた。

目が全く泳いでいなかったので、少なくとも私にはアイドルという仕事が嫌で、バラエティが嫌でという雰囲気は全く感じなかったし、素直に心から応援したいと思った。

SNS上で渋谷すばるで検索をかけると、「あの歌唱力で音楽一本で生きていくなんて笑える」「正直この人の歌苦手だし、普通に下手だと思う。勘違いもいいところ。」「ビブラートおじさん」「30後半からやりたいことを突き詰めていくなんて遅すぎる」などと渋谷ファンには辛い意見がたくさんあがっていた。

「ジャニーズで2番目のグループというポジションを捨て、メンバーに迷惑かけてまで自分のやりたいことを選べる、30後半から人生の舵を切れるその度胸すごくない?挑戦する人を批判するなよ…」と怒りも覚えた。

関ジャニ∞の脱退理由を掘り下げる

個人的に渋谷が関ジャニを脱退した理由の一つに彼が、ブルーハーツの甲本ヒロトの大ファンであることも関係していると考える。

渋谷はソロツアーではなぜか毎回と言っていいほど上裸になっていた。

これは甲本ヒロトが毎回ライブで上裸になり魂を込めて歌う姿に憧れているからなのでは?と想定できる。

実際YouTubeにはクロマニョンズと渋谷が共演しエイトビートという曲を演奏している動画が上がっている。

すばちゃんびーと
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリ...

見ればわかるが渋谷と甲本ヒロトの動きが似すぎている、面白い。

甲本ヒロトに憧れるような人なのだから、彼はロック好きなのは間違いない。

そんな彼がアイドルをやって、歌を歌い、ペンライトを持った女性ファンにキャーと言われる。

こういったライブで彼が満足できるだろうか?

彼は関ジャニのファンの呼称「eighter」の名付け親でもあり、ファンへの想いは間違いないとは思う。

実際関ジャムのラスト曲Life目の前の向こうへで「エイター!!!」と絶唱していたので間違いない、これは間違いない。

彼の中にはアイドルではなく真剣に音楽に取り組むアーティストとして自分を見てくれという、熱い気持ちがあったに違いない。

会見での言葉の裏にそういった想いもあると勝手に汲み取っていたので余計に渋谷が帰ってくるのを楽しみにしていた。

スポンサーリンク

公式サイトでファンクラブ「Shubabu」発足

先日渋谷の公式サイトに動きが無いかと覗きに行ったところ、残念なことにファンクラブ「Shubabu」を発足していた。

個人的にこれがかなりショックな出来事で、ファンクラブを発足して、収益を得ていくなら、関ジャニを辞めなくてもよかったのでは?と思ったのが正直なところだ。

実際にファンクラブの会員数は多いみたいで2019年7月12日の段階で5万人を超えているみたいだ。

5万人を超えるのであればファンクラブを発足して、お金を出してくれるファンを優遇し、ライブやイベントに行きやすくするのは必然では?と思われるかもしれないが待ってほしい。

結局アイドルという枠から抜け出せないのでは…?

「Shubabu」の年会費は4500円、入会金は1000円とジャニーズ事務所に所属するグループの年会費4000円より500円高い。

5500円×50000人で単純計算で2億7千5百万である…マジですごいっす…。

これを見ればなおさらファンクラブを作って当然なのであるが、ちょっと待ってくれすばるよ…これでいいのか?

このままではやり方がジャニーズ事務所と全く一緒である。

音楽を追いかけ自分の力を試す為に関ジャニをジャニーズ事務所を辞めた彼が、一曲も発売せず、ライブもせずファンクラブを発足するのことって違くないか?

エイターを大切にするのはいいと思うが、いきなりファンクラブなんて作ってライブに来る層を自ら絞ってしまえばファン層は変わらず、結局はアイドル時代のライブと変わらないと思うんですが…

ファンクラブっていうのは、ファンが増えすぎてライブに本当に行きたい人が行けないから、追加料金を払ってくれるファンは優遇しライブへイベントへの当選確率をあげますよってもんでしょう…

一度もライブをせずに、ファンクラブを発足したことは、音楽を追求するためにグループを脱退した人間のやることではない、ダサいし全くロックじゃないと思いました。

憧れの甲本ヒロトの背中に全く追いつけないぞ…いいのか…

うーんこれについて関ジャニのメンバーはどう思うんだろうか?

このままいけば確実に関ジャニのメンバー「渋谷すばる」からピンアイドル「渋谷すばる」になるだけだよ…応援はしたいんだが…それでいいのかすばるよ…

まとめ

これだけぼやいておいてなんですが、ライブには行きたいと考えています。

一人になった彼がどんな曲を作るのか、魂を込めた歌声を生で聴いてみたい、彼の覚悟を感じたい。などなど行かない理由がありません。

ただファンクラブに5万人もいるなら結局入会しなくちゃいけないのか…と思うと気が重いですね…

お前がお金払いたくねーだけじゃないか!と言われればそうなのかもしれませんが、いきなりファンクラブは残念ですよ応援していた身としては…

とにかくブログを立ち上げ、ファンクラブを発足しソロ活動を本格的に始動しましたから今年中にライブの報告があるかもしれませんね…!

今秋にCDの発売も決まってるみたいですし、期待に胸が高鳴りますね…!

すばるファンで気を悪くされた方申し訳ありませんでした…、ただ応援する気持ちは本物です。

タイトルとURLをコピーしました