あまりにも簡単に借りれてしまう奨学金はもう少し手続きを厳しくするべきである。

最近のコメント

コメントなし

オピニオン
この記事は約4分で読めます。

どうもひきにくです。

高校生の時に、進学校に入ったからにはなんとなく大学に行きたいと、軽い気持ちで署名をし借りてしまった奨学金。

その額約400万円…。

今回は奨学金を借りる際にはもっと手続きを厳しくした方がいいのでは?という提案を頭の悪い僕からさせてほしい。

スポンサーリンク

奨学金を借りるにはアルバイト経験を必須にする

当時アルバイト経験もない自分が月々8万円を超える金額を、借りることにサインしたわけだが、今思うとお金を稼ぐ大変さなんて微塵もわかっていなかった。

奨学金を借りる層は、主に進学校に通う学生です。

もちろんアルバイトは禁止されているのに加え、正直勉強が忙しい、部活が忙しいでアルバイトをしていない生徒の方が圧倒的に多いです。

そんな彼らがお金の稼ぐ苦労も知らないまま月々〇万円を借り、〇百万円の負債を抱えたまま社会に出る恐怖をわかるわけがありません。

奨学金を借りる為に最低1ヶ月以上のアルバイトを強制すればお金を稼ぐ苦労がわかり、ちゃんとした大学に行くためにより集中して勉強ができるのではないか?と感じます。

一方でアルバイトなんてしていたら、志望校に落ちてしまうよ!という方がいるかも知れません。

確かに落ちる可能性が増えるかもしれませんが、1ヶ月間のアルバイトで入試結果に影響を及ぼすような成績なら恐らく大学にも受かりません…。

絶対に返済しなければいけないということをわからせる

あの時軽い気持ちでサインした奨学金ですが、それぞれの形で大学生活を謳歌した後には必ず返済しなければいけません。

これが中々プレッシャーです(笑)

自分って本当に返済が終了する20年先まで真面目に働き続けられるのか?自分の勤勉さへの不安や

20年先まで健康な心と身体でいられる保証があるのか?とか

借りておいて情けない考えが次々と浮かんできます。

奨学金という借金をしたのはいいが返済する覚悟ができていないということです。

署名した時も、大学在学中にも返さなければいけないとは知ってはいたが、自分自身の考えは甘かったです。

数少ない手取りから毎月1万5千円払うのは中々しんどいです。

僕みたいな覚悟ができてない人間が増えないためにも、借りたら最悪でも〇十年は働き続け、決して逃げられないんだよということを嫌というほど浴びせるべきです。

その負債に見合う大学なのか?仮に落ちて第二志望・第三志望の大学に入学したとしても借金の額に合う大学生活を送っているか?と考える必要があります。

僕もわかっていたつもりではいたんですけどねえ…

いたんですけどねえ…

偏差値50未満の大学には奨学金を支給しない

主に地方の私立大、都市部でも聞いたことのない無名大学ですね…。

行っても大体の方はお先真っ暗です…本人のポテンシャルにもよりますが…

そういった大学は借金をしてまで行く価値はないと思っています。

就活ではやっぱり偏差値の高い大学や、都市圏に近い大学の生徒が人気企業から内定をかっさらっていきます。

低偏差値の大学はブラック企業に就職する確率も必然的に高くなります。

そうすると、低収入かつ心身を病みやすい環境下で働くこととなるので、奨学金という存在はマジででかいです。

それならば最初から偏差値の低い大学には奨学金を支給しない方がいいのではないのでしょうか?

自腹で大学が行けないしかしどうしても行きたいというのであれば、必然的に勉強を頑張りますし、仮にダメだったとしても低偏差値の私立大学には学費免除制度があります。

大学の四年間は何も考えずに過ごせるかも知れませんが、社会に出た後に自分へのしかかる借金の重みが半端ではありません…

まとめ

奨学金って驚くほど簡単に借りられるのでびっくりしますよね。

進学校に入ったはいいが勉強ばっかりでつまらない!大学は言って遊びまくろう!でも家庭は貧乏なのでに奨学金借りよう…そして大学に行こう!

そんな甘い考えだったので、借金額に見合う大学にも入れませんでした(笑)

入学後毎月振り込まれている奨学金の明細を見ても、まじで振り込まれてますやん!すご!くらいの感覚でした。

そのぬるい感覚のまま自堕落な大学生活を過ごし、よくわからない中小企業に就職し今返済に将来の自分のプランに、自分の打たれ弱さに参っています。

しかしそんな状況でも奨学金は毎月返済しなければいけないし、生活もかつかつで、仕事も中々辞められないが、あっという間に時が経っていくという…

そんな焦りに満ちた恐ろしい毎日を送っています。

やはり借りる時にもう少し親と、先生と相談し、もっと奨学金や労働の苦労ついて学ぶべきでした…

今更奨学金に文句を言うな!さすがに馬鹿すぎるだろって?

間違いありません。

嘆かせてください…。

タイトルとURLをコピーしました