Kindle×青空文庫の組み合わせが最強すぎる!!!15,000冊以上を無料で読み放題!?

最近のコメント

コメントなし

ライフハック
この記事は約4分で読めます。

電子書籍専用端末といえば、様々なものがありますが恐らく最も有名な物はAmazonから販売されている[Kindle]ですよね。

偏にKindleと言っても様々なモデルがあります。

無印Kindle,先日防水対応したKindlePaperWhite,最上位モデルのKindleOasis様々なモデルがありますが、最安値のKindleでも7,980円からです。

7,980円で本が何冊買えるんだよと言いたいところですが、Kindleを使えば、青空文庫で公開されている作品(15,000冊以上)が無料で読めてしまうわけです。

そもそも青空文庫って何?という方には青空文庫を紹介した記事がありますのでこちらをどうぞ

簡単に説明しますと作家の没後50年が経ち著作権が切れた作品が無料で読めるサイトです。

太宰治・芥川龍之介・福沢諭吉・宮沢賢治などetc…

多くの作家の作品が公開されているサイトです。

スポンサーリンク

Kindleで青空文庫の作品がダウンロードできる

そんな青空文庫ですが、青空文庫に公開されている作品はなんと…Kindleで読めちゃうんです!

通常オンライン環境でしか読めない青空文庫ですが一度kindleストアでダウンロードしてしまえばいつでもどこでもKindleの電池さえあれば読めちゃうわけです。

さて肝心な作品をKindleにダウンロードをするやり方ですが、Kindleストアで[“作品名もしくは作家名” 青空文庫]で検索するだけです。

Kindleストアで検索後出てきた作品はKindle価格:0と表記されていますので無料で購入を選択してください。

無料で購入をしたらライブラリに作品がダウンロードされますので、ダウンロード完了後はいつでもどこでも読書が可能になります。

Kindleで[作者 青空文庫]で検索しても表示が遅いので
スマホ版Kindle・デスクトップ型Kindleでダウンロードしたい作品をダウンロードして
その後Kindleでライブラリから直接ダウンロードした方が早いです。

 

本当はスクリーンショットを10枚ほど撮って画像と共に紹介する予定だったんだけど、ファイルのアップロードに失敗して断念しました…、後日また挑戦します。

電子書籍端末を買うかどうかで悩んでいる方へ

電子書籍端末を買っても、古い本は中古で買ったほうが安いんでしょ?

電子書籍のメリットはいつでもどこでも持ち出せる気軽さで割高感が否めない…

読書を始めた手でどの本を読んでいいかわからないのに、電子書籍端末を買っても後悔しないかな…

そういったところで購入を検討されているかと思います。

しかしKindleさえ買ってしまえば文豪と呼ばれた作家の作品15,000点以上を無料で読むことが出来るのです。

断然紙読書派の方も違和感なく使えるくらいにはKindleの電子ペーパーには生紙感があります!

読書をこれから始めたいという方は、とりあえずKindleを買って名作と呼ばれた作品をかたっぱしから読んでもいいのではないでしょうか?

現に私がその作戦で過去の名作をKindleで手当たり次第に読んでいます!

太宰治ってダメ人間なんだ…なんてことを24歳になって知りました…読書めちゃくちゃ為になります…

最新のkindle PaperWhiteは防水対応してますしお風呂でも読めちゃいますよ。

動作が重たいことが玉に瑕ですが、いつでもどこでも快適に何十冊も持ち歩けるKindleは超快適ですよ!

この機会にかつての文豪が生み出した15,000をも超える名作をKindle読んでみてはいかがですか?

タイトルとURLをコピーしました