ダンベル何キロ持てる?からプッシュアップジャンプのやり方とポイントをご紹介

最近のコメント

コメントなし

筋トレ
この記事は約4分で読めます。
女子高生筋トレアニメ「ダンベル何キロ持てる?」の6話からプッシュアップジャンプの正しいやり方と筋肉雑学をご紹介します。

ダンベル何キロ持てる?は以下のサブスクリプションサービスで観れます。

スポンサーリンク

プッシュアップジャンプのやり方とポイント

プッシュアップジャンプのやり方

画像元:ダンベル何キロ持てる?アニメ

    • 手の位置を肩幅よりやや広く保ち腕立て伏せと同じ要領でやっていく
    • 肘を曲げ身体を下げる
    • 肘を伸ばし身体を上げる時に腕で身体をジャンプさせる
  • 肩を痛めないよう着地の際は軽く肘を曲げる
  • 初めは膝をついてやるのが良い
  • 10回を目標にテンポよく行う

鍛えられる筋肉・部位

  • 三角筋(肩)
  • 大胸筋(胸)
  • 上腕三頭筋(腕)

通常の腕立て伏せと鍛えられる筋肉は同じですが、腕立て伏せより効果があります。

こんな人におすすめ

上半身を中心に鍛えたい人におすすめです。

また室内でできるトレーニングなので、ジムに行くのはちょっと…という方にもおすすめです。

床下に音が響くトレーニングなので、音に気をつけてトレーニングしましょう。

アームレスリング(腕相撲)で強くなるには

アームレスリングは全身の筋肉を使う?

アームレスリングは腕相撲というように、腕力だけの勝負かと思いきや実はそうではなく全身の筋肉を使ってやる競技です。

前腕・上腕・ローテーターカフ・背中の筋肉・下半身というように全身の筋肉を使います。

アームレスリングをする時の正しいフォーム

画像元:ダンベル何キロ持てる?アニメ

  • 肩は平行
  • 肘は身体の真ん中
  • 反対の手でバーを握る
  • 腹を台に付ける
  • 組む手と同じ側の足を前に出す
  • 体ごと倒していくイメージ
  • アームレスリングが終わるまで、顔を手の方向を向く

その他筋肉雑学

反動トレーニング

これまで、登場してきた筋トレ方法は、反動を使わずに行うものでした。

反動トレーニングはテンポよく反動を使ってトレーニングを行います。

先程紹介したプッシュアップジャンプも反動トレーニングの1つです。

懸垂の場合、テンポよく身体の反動を使って上下運動をトレーニングを行うことで筋肉よりも運動に使う神経を鍛えられることができます。

瞬発力を鍛えたいなら反動トレーニングを使いましょう。

最後に

今回は「ダンベル何キロ持てる?」の6話からプッシュアップジャンプのやり方とポイントを紹介しました。

中々に面白く、タメになる筋トレアニメですのでこれから筋トレを始めようかな?という方に非常におすすめできるアニメです。

この筋トレをするとどこが鍛えられるのか?鍛えることによってどんな効果が得られるのか?という情報が入ると俄然やる気が出ます。

またジムに行ったことがなく筋トレ初心者には敷居が高いと思っている方も、このアニメを観ればマシンの使い方がわかるので、それもふまえて最高の筋トレバイブルアニメと言って良いでしょう。

単行本・アニメではこの記事には出てこなかった筋トレ法、筋肉雑学…など様々な有益情報がまだまだ出てきますので是非観てはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました