新卒・新入社員こそ転職サイトに登録するべき、3つの理由。

最近のコメント

コメントなし

転職
この記事は約6分で読めます。
この記事では入社前の大学・高校生、入社1年〜3年目こそ率先して転職サイトに登録するべき3つの理由を紹介します。

このページを訪れた方のほとんどは既に会社が嫌だな、しんどいな、辞めようかなという悩みを抱えていると思われます。

そんなあなたに、現状を変えるためにまずは転職サイトに登録して一歩踏み出しましょう。

現在会社に悩みがない人も絶対に転職サイトに登録した方がいいと胸を張って言えます。

それが以下の3つの理由からです。

  • 転職に有利な第二新卒は卒業後三年以内
  • 働くことに対する視野を広く持てる
  • どんな人材が社会に必要とされているかがわかる

それでは詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

転職に有利な第二新卒は卒業後三年以内

第二新卒という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

第二新卒とは、一般的に学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に離職し、転職活動をする若手求職者を指します。厚生労働省が毎年発表している大学新卒者の離職率統計では、約30%が3年以内に辞めていると言われています。

出典:マイナビジョブ20

どこの企業も人手不足で悩んでいるので、3年以内に離職すると言われる第二新卒の30%はどこの企業も欲しいんです。

第二新卒は未経験枠として採用される

ひきにく

でもなんの実績もないのに転職なんてできるの?

A:第二新卒の多くは新卒採用同様未経験枠・ポテンシャル採用です。

 

だから会社が嫌でたまらない、入る会社を完全に間違えたと思っている方は、できるだけ第二新卒の期間に転職したほうが良いんです。

第二新卒期間を超えて他業界に入った場合は、新卒扱いされないので、肩身が狭く苦しい思いをします…。

オリンピック景気が終わる前に転職をしよう

2020年に東京オリンピックが開催されますが、それまでは日本の景気は安定していると言われています。

求人数が多い現在、所謂「売り手市場」の間に転職を決めてしまいましょう。

オリンピックが終われば確実に今より景気が悪くなり、働き口が見つかるかわかりません、下手したらリーマン・ショック時の様に就職浪人が当たり前になるかも…

もし今の会社に不満があるなら第二新卒ブランド✕オリンピック景気で売り手市場という2つの力を存分に発揮して早めに転職活動に取り掛かりましょう。

働くことに対する視野を広く持てる

転職サイトに登録することで、得られるもう一つのメリットとして、「働くことに対する視野を広く持てる」というのがあります。

これは簡単に言うと、今の会社・業界に満足せず、他の求人を見て、他企業・他業種・他業界に目を向けて見ようということです。

自分の会社と他の会社を比較できる

働いている会社に不満を持つと、全てが悪く感じ、人生終わったと何もかも捨てて逃げ出したいという気持ちになりますが、一度冷静になりましょう。

転職サイトに登録し、他企業の求人を見ることで良くも悪くも自分との会社と比較できます。

例えば自分の会社福利厚生だけは良いとか、A社平均残業時間が5時間かとかB社は賞与が半年分だとかどんな会社が世の中にあるのかを知れるきっかけとなります。

自社と他社を比較する内に会社に求めるものが明確化されていくのが面白いです。

給与も大事だけど最も大事なのは労働環境だ。と自分が無意識に求めているものがわかるのでおすすめです。

他業界に興味が湧くかもしれない

新卒就活では自分はこの業界だ!この業種で食っていくんだ!と半分自己暗示で就活を進め、入社することが少なくありません。

自己暗示でもしないと、まともに就活なんて馬鹿馬鹿しくてできないので、大切なことです。

しかし入社後、暗示が解けると自分の本当にやりたいことはこれで良いのだろうか?と悩む日がやってくると思います。

そんな時に転職サイトで他の業界を調べると、就活時には気が付けなかった自分が本当にやりたかったことに気がつけるかもしれません。

フットワークを軽くしておくことに損はない

いつでもこの会社を辞められるんだぞ!という気概を持つことは働く上で大切なことです。

転職サイトで他の会社を見ることで、まだまだ他にもたくさん会社がある、ここで頑張り続ける必要はないと気持ちを軽く持てます。

転職サイトに登録することは会社に対する裏切りでもなんでもないので、いつでも辞められる。次の候補がある。とフットワークを軽くしておくことは自身の精神衛生にも大変よろしいことだと思っております。

スポンサーリンク

どんな人材が社会に必要とされるているかがわかる

転職サイトに登録しておくことで得られるもう一つのメリットとして「どんな人材が社会に必要とされているかがわかる」というものがあります。

業界・業種によって必要な人材は異なりますが、そういった情報は求人に書いてあることが多いです。

自分の会社でどこに注力して働けばいいかわかる

転職しようがしまいが、社会で評価される人材になることは働き方が変わってきている日本では必要不可欠です。

日頃から求人を見ることで、普段の業務の中でどこに意識をして働くか、どこを伸ばすべきなのかということがわかってきます。

違う業界・会社入る為には何が必要か?を逆算することで自分が今行うべきことがわかるので、是非転職サイトに登録するべきです。

在職中に転職で必要なスキル・アピールポイントを手に入れておきましょう。

第二新卒におすすめの転職サイト

【マイナビジョブ20’s】:転職の活動の始めから終わりまでサポートしてくれる第二新卒・20代向けの業界最王手転職サイト。その他転職サイトでは扱っていない未公開求人が80%〜90%取り扱っているのでここにしかない求人が多数あります。

【ウズキャリ第二新卒】:平均20時間の就職サポートで既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上。全ての提携企業に実際に訪問して、離職率・労働時間・雇用形態を厳しい基準で審査しているからブラック企業が排除されています。

【第二新卒エージェントneo】:取引企業は1万社超えで未経験職種・業界への転職でもアドバイザーがサポートさらに入社後もサポート。面談によってあなたに最適なキャリアプランを共に考えてくれます。

【DYM就職】:第二新卒・既卒向けの100%正社員求人転職サービス。書類選考スキップで最短1週間入社のスピード感が魅力。

もはや大手だからと言って安定しているとは言えません、大手だろうと中小企業だろうと潰れるときには潰れます。

そうなった時にどこへでも転職できるよう自分の力を高めておくことがこれからの時代における安定です。

そのためにも転職サイトに登録し視野を広く持ち、社会に評価される人材になりましょう。

転職サイトに登録すべき3つの理由

  • 転職に有利な第二新卒は卒業後三年以内
  • 働くことに対する視野を広く持てる
  • どんな人材が社会に必要とされているかがわかる

 

タイトルとURLをコピーしました