最強のモバイルバッテリーAnker PowerCore Fusion5000をご紹介

最近のコメント

コメントなし

ガジェット
この記事は約7分で読めます。
この記事では個人的に最強のモバイルバッテリーAnker PowerCore Fusion5000の素晴らしさと新製品開発を希望する記事である。Anker製品はモバイルバッテリーを中心にとても評価が高いのでAnker製品を買っておけば間違いないです。
スポンサーリンク

Anker PowerCore Fusion 5000一番の良さ

Anker PowerCore Fusion 5000の一番の良さはモバイルバッテリーと急速充電器とモバイルバッテリーが合体した商品であることだ。

従来のモバイルバッテリーは充電器からmicroUSB-TypeBやTypeCのコードを接続して充電するしかなかった。

しかし、Power Core Fusion 5000はモバイルバッテリー自体にコンセントの端子がついているので、コンセント穴にコイツを直接挿せば充電ができるという訳だ。

これのなにが素晴らしいかと言うと通常旅行など遠出をする場合必要なものは、モバイルバッテリー用の充電器・モバイルバッテリー用の充電コード・スマホ用の充電器・スマホ用の充電コードと計4点を旅先に持っていく必要があり、これはかさ張るし正直面倒くさい。

しかしPower Core Fusion 5000の場合、旅先に持っていくものがコイツと充電コードだけで済むというから驚きだ。

コンセント穴さえあればコイツを刺してスマホとモバイルバッテリー両方に充電できるので、気楽に充電できる。

充電ポートが2穴ついてくる

充電器兼モバイルバッテリーのPower Core Fusion 5000だが、ありがたいことに万能端子USBTypeAの充電ポートが2穴ついている。

2穴ついているので同時に2台のスマホを充電したり、スマホとワイヤレスイヤホン、ゲーム機とイヤホンなど様々な組み合わせで同時に充電できる

これは大きな魅了だ…。

PowerIQ急速充電機能付き

更に嬉しいのが、Anker社独自のPowerIQという技術により、急速充電が可能なことである。

急速充電があることで、体感ですが充電スピードが1.3倍ほどになる。

これまで、急速充電に対応していない充電器を使って、充電溜まるの遅いなとストレスを感じている人がいるなら、是非試してほしい。

外出先で充電する際も急速充電されるので、あっという間にバッテリーが回復して驚くこと間違いなし。

軽い!小さい!運びやすい!(PSE認証済み

上の図をみて分かる通り、モバイルバッテリーとは思えないほど小さいのである。

クレジットカードとほぼ同じサイズでこれだけの仕事をしてくれるので、某有名ふりかけ「旅行の友」よりもさらに強力な「旅行の友」になること間違いなし。

またPSE認証済みなので、飛行機に持ち運ぶことも可能だ!

PSEマークは、電気用品安全法に基づき電気用品が国の基準を満たしていることを示すマークです。メーカーが基準に沿った安全確認を行い、届け出をした上で初めて表示できます。

ちなみに、これまでPSEマークの表示対象となっていた電気用品は、主にAC100V電源を利用する機器でした。家庭用電源が使える機器なら、家電やスマホのACアダプターなど、ほとんどの製品が含まれます。

また、リチウムイオン電池では、携帯電話の電池パックが「機器からの取り外し可能なリチウムイオン電池」としてPSEマークの表示対象とされていました。

一方、モバイルバッテリーは制度の対象外でした。それが今回の制度改定によって、USBポートなどで充電するタイプのモバイルバッテリーも追加された形になります。

engadget

Power Core Fusion 5000を進化させた新製品希望したい

ここでこの製品の物足りないところを新製品に希望したいことという形で述べていく。

5000mAはちと少ない

昨今モバイルバッテリーは安価で大容量の物がどんどん出てきていて20000mAのものがザラにある。

そんななか、小型化し、持ち運びやすいことも考えての5000mAだとは思うのだが、せめて10000mAは欲しい。

スマホのバッテリー容量も年々大きくなっていてBluetoothイヤホンなんかも持ち歩くのが当たり前の2019年。

んな中5000mAは少し頼りない印象だ。

以下iPhoneのバッテリー容量を表にした。

iPhone(アイフォン)バッテリー容量
iPhone 113,110mAh
iPhone 11 Pro3,190mAh
iPhone 11 Pro Max3,969mAh
iPhone XR2,942mAh
iPhone XS2,658mAh
iPhone XS Max3,174mAh
iPhone X2,716mAh
iPhone 81,821mAh
iPhone 8 Plus2,691mAh
iPhone 71,960mAh
iPhone 7 Plus2,900mAh
iPhone SE1,624mAh
iPhone 6s1,715mAh
iPhone 6s Plus2,750mAh
iPhone 61,810mAh

10000mAあれば最新機種の11 Pro MAXを2.5回充電できるので今までよりも更に心強い友となるだろう。

USB Type-Cの充電ポートが欲しい。

とうとうappleでもiPhone11から充電ポート側がType-Cになった。

まだまだType-Aが主流といえども、大分Type-Cが浸透してきた印象である。

そんな中充電ポート2つともType-Aでは少し面白くない。

Type-Cの方が充電効率もよく、拡張性も高いので、せめて1ポートをType-Cにしていただきたい所存である。

兎にも角にもAnker社もPower Core Fusion 5000の新製品を開発しているだろうから、次回は10000mA以上・Type-Cポート搭載した商品を販売してほしい。

最後に不満点を書いたものの、この商品は2019年に買い物した中で今の所一番良い、良い。

値段も3000円ほどなので、気になった方は試してみては?

 

タイトルとURLをコピーしました