流行ってるけどBluetoothイヤホンってどう?メリット・デメリットをご紹介

最近のコメント

コメントなし

ライフハック
この記事は約8分で読めます。
iPhoneを代表とする殆どのスマホからイヤホンジャックが消えたことによって街でワイヤレスイヤホンを使っている人を見かけるようになりました。この記事では、未だに有線イヤホンを使っているよ!という方に向けてBluetoothイヤホンのメリット・デメリットを紹介していきます。

Bluetoothイヤホンのメリット・デメリットは以下の通りになります。

  • コードの煩わしさから解放される
  • 10m程度なら離れてもOK
  • 洗濯しても大丈夫な可能性が高い
  • 電池がないと使えない
  • 音が途切れる
  • 音の遅延が発生する
  • なくしやすい

メリットの方が少ないじゃないか!と言いたい所でしょうが、コードがなくなるということは思った以上にメリットが多いので解説していきますね。

スポンサーリンク

コードの煩わしさから解放される

たったこれだけの為にBluetoothイヤホンにする価値は大いにあります。

コードがなくなるだけで得られるメリットは以下の通りです。

コードをほどく必要がなくなる

有線イヤホンを使っていて煩わしいことの1つにコードが絡まるという問題があります。

どれだけ綺麗にカバンやポケットにイヤホンを入れても取り出す時には、ぐちゃぐちゃに絡まっています。

それを解くのに最悪でも1分…、どうして音楽を聴く前にコードをほどくという下準備をしなければいけないのか。

Bluetoothイヤホンならケースを開け耳に差し込むだけで、すぐに音楽が聴けます。

これだけでもBluetoothイヤホンにする価値があります。

コードを引っかけ耳から弾け飛ばす心配がない

皆様も有線イヤホンのコードが何かに引っかかって耳から弾け飛んだ経験はないでしょうか?

僕は家で有線イヤホンを使っている時に、よくドアノブに引っ掛け弾け飛ばしてました。

弾け飛ぶ瞬間は頭を叩かれたのかと思うくらい衝撃がありますし、最悪の場合スマホごと弾け飛ぶこともあり、危険です。

Bluetoothならコードがなくなるのでその心配はありません。

タッチノイズがなくなる

有線イヤホンを使っていて地味に腹が立つのが、コードを触った時の「ズズズッ」というタッチノイズです。

室内で座って聴く分にはあまり気になりませんが、外出先で音楽を聴きながら歩くと思った以上に気になります。

Bluetoothイヤホンタッチノイズに悩むこともありません。

断線の心配がなくなる

有線イヤホンは絡まりをほどいて、耳から弾け飛ばしてを繰り返していく内にどうしても、断線してしまうものです。

しかしBluetoothイヤホンならその心配はありません。

コードがありませんから。

ながら作業が圧倒的にやりやすい

家事や勉強、生活の中でイヤホンで音楽を聴きながら何か作業することは意外と多いものです。

有線イヤホンだと、作業中なにかに引っかけ耳から弾け飛ばしたこともあるのではないでしょうか?

ひきにく
ひきにく

弾け飛ばし過ぎでは?

しかしBluetoothイヤホンはその心配がなく、想像以上に快適に作業に打ち込めます。

10m程度なら離れてもOK

Bluetoothイヤホンはその名の通り、デバイスとBluetoothで繋がっているので、10mくらいであれば離れても音楽を聞き続けられます。

なので音楽を聴きながらトイレに入ったり、お風呂に入ったりということが可能になります。

ひきにく
ひきにく

Bluetoothイヤホンのほとんどは防水だからね

スマホを持ち歩かなくていいというのは快適です。

洗濯しても故障しない可能性が高い

有線イヤホンの故障原因として間違って洗濯に出してしまうというものがあると思います。

しかしBluetoothイヤホンは大体の製品に防水性が備わっていて、うっかりイヤホンごと洗濯するというヘマをしても、壊れない可能性が高いです。

実際僕も二度ほどBluetoothイヤホンを洗濯してしまったことがあるのですが、未だに使えています。

以下デメリットを紹介していきます。

電池がないと使えない

有線イヤホンはイヤホンジャックに挿せば使えましたが、Bluetoothイヤホンは充電が必須です。

これが原因で未だに有線イヤホンを使っているという方が多いと思います。

実際僕もコレが嫌で長い間Bluetoothイヤホンを避けていました。

最近のものは電池の持ちが良くなってきていて、一週間充電しなくても使えると製品が続々と登場しています。詳しくは以下の記事で書いてあるのでご確認ください。

音が途切れる

地下鉄や電車内など、人が多い所や電波が届きにくい場所だと、音が途切れることがあります。

これは中々ストレスかもしれませんが、以前よりかは大分改善されています。

Bluetoothイヤホンの購入を検討されている方は、じっくりレビューを確認したほうが良いでしょう。

音の遅延が発生する

こちらも以前と比べて大分遅延は目立たなくなったもののやはり、遅延が発生します。

動画を閲覧する分には気になりませんが、音ゲーをする方には向きません。

接続の安定性を求める人、音の遅延を避けたい人は有線イヤホンにした方が良いです。

なくなりやすい

これは僕がアホなだけかもしれませんが、Bluetoothイヤホンは小さく左右のイヤホンがバラバラなので、なくなりやすいです。

無くしものが多い方や、忘れ物が多い方、おっちょこちょいな人にはおすすめできません。

すぐにどこかに行ってしまいます…。

僕も一度なくして買い替えたことがあります。

ひきにく
ひきにく

バカすぎる…

スポンサーリンク

Bluetoothイヤホンはこんな人におすすめ

運動しながら音楽を聴きたい方

運動する方はBluetoothイヤホンが断然おすすめです。

有線イヤホンだと常にコードが揺れて走りにくいですが、Bluetoothイヤホンだとコードがなくなるので動きやすさが段違いになります。

また一時停止・曲送り・早送りなどもスマホを取り出さずにできるので便利です。

楽器を弾く方

僕はギターをしているのですが、曲に合わせて弾こうとした時、有線イヤホンだとボデイにコードが引っ張られ弾きにくいなと思った経験ありませんか?

Bluetoothイヤホンだと、コードレスになるので楽器が引きやすくなりますよ。

通勤や通学中に音楽を聴きたい方

満員電車や自転車通勤なんかでもBluetoothイヤホンはおすすめです。

何かに引っ掛けイヤホンだけならまだしも、スマホごと飛ばしてしまうということがなくなります。

使う前にコードを解いて、使い終わりにコードを綺麗に束ねてしまうということをしなくても、Bluetoothイヤホンならケースにしまうだけで終わりなのでとても簡単です。

最後に

Bluetoothイヤホンは音が悪いから、充電が持たないからという理由で有線イヤホンを使い続けている方がいらっしゃると思います。(僕もその内の一人でした。)

しかしいざ購入してみると、敬遠していた2~3年の間に技術は進歩し、Bluetoothだからといって音質が劣っている、充電が持たないと不満抱くことはなかったです。

むしろコードレスになった喜びがとても大きくて、もう有線イヤホンに戻ることは考えられません。

  • コードの煩わしさから解放される
  • 10m程度なら離れてもOK
  • 洗濯しても大丈夫な可能性が高い
  • 電池がないと使えない
  • 音が途切れる
  • 音の遅延が発生する
  • なくしやすい

あなたもこの機会にBluetoothイヤホンを購入してみては?

以下僕のおすすめのBluetoothイヤホンです。

タイトルとURLをコピーしました