もう一度ブログを始めるなら絶対にはてなブログを選ぶ!その理由をお伝えします。

最近のコメント

コメントなし

ブログ関連
この記事は約10分で読めます。

どうもひきにくです。

WordPressユーザーです。

WordPressでブログを開設して早半年が経とうとしていますが、時間が経てば経つほど、最初からはてなブログにしておけば良かったと感じます。

僕ははてなブログを使ったことがないので、Wordpressユーザーからみたはてなブログの良さと、Wordpressが微妙だなと思う理由をこの記事では紹介しますよ!

 

スポンサーリンク

初期はPVが伸びやすい、初期こそPV数が必要

WordPressでブログを始める為に2万という大金をはたき、サーバーを借り、ドメインを取得して毎日けなげに記事を書いても、マジで誰も来ません。

よくブログは最初の三ヶ月は本当に辛い、そこを超えれば、楽になるといいます。

説明すると三ヶ月経てば自分の書いた記事がグーグルにインデックスされ、検索からぽつぽつ人が来るようになります。

人が来るようになってくると、よし書くかという気持ちにもなるんですが、初めてすぐは本当に誰も来ない。

仕事から帰宅し疲れ切っている体に鞭を打ち、気合を入れ3時間かけて書いてもせいぜい2、3人です。

一度想像してください。

3時間かけて書いた記事が2.3人にしか届かないということを。

普通にやる気なくなりませんか?はい、なくなります!

しかしはてなブログは初期からそこそこアクセスを集めやすいと誰もが言います

その理由の一つとしてブロガー同士の横の繋がりが強く、はてなブックマークという、ツイッターでいういいねをブログ記事につけられるので、見てもらえる確率が高いです。

ブロガー恒例の成果発表で一ヶ月目からアクセス数が1000以上ある人は大体はてなブロガーか、もともとSNSのフォロワーが多い人です。

ちなみにの一ヶ月目のアクセス数はリアルに80でした…はい、普通にやる気がなくなり、最近まで更新をさぼっていました。

ブログを始める人の多くはブログで不労所得を得たい、人生を変えたいという理由が大半ではないでしょうか?

やる気に満ちている時は、早く結果が欲しいものでしょう?

早く結果が欲しいのにわざわざ人が来ない、挫折する可能性の高いWordpressを選択する必要はありません。

 

ネタ系ブログは特にはてながいいと思う

先ほども言いましたが、はてなブログは横のつながりが強いので、検索してもヒットしない、しょうもないネタ系の記事が、バズる可能性は十分にあります

このブログは吃音症をメインとした雑記ブログなんですが、元々はウケを狙ったネタ系の記事も書いていこうと思っていたんですが、フォロワーが少ない(19人)かつ、ワードプレスで運営しているという二つの理由から、ネタ系の記事を書くことをほぼほぼ諦めています

グーグルやヤフーで検索する時って情報が欲しいからですよね。

そんな時にどこの誰が書いたかもわからないネタ記事を読もうと思いますか?

思いませんよね…

仮にネタ記事を読みたいという欲求から検索を使っても、多くの人はまとめサイトで満たされるので本当にバズらないというか1日に1回も人が来ません…悲しい…

それなら少しでもバズる可能性があるはてなブログでネタ系雑記ブログを運営するべきです。

こう、言い訳まがいのことを書きましたが、本当に面白い人は、ワードプレスでもライブドアでも前略プロフィールでもなんでもバズるんですけどね…

 

お試しで始められる

はてなブログのいいところはもう一つあります。

それは無料でブログを始められるということです。

始める前は1年後には数万を稼ぐぞ!と有名ブロガーの記事をひたすら読みやる気に満ち溢れているが、その気持ちはいつまで続くでしょうか?

まずは自分にブログの適性があるか、文才があるか、ネタを見つけられるのかといったことを、確認する必要があるのでは?と個人的に思います。

僕も見切り発車で、すぐにドメインを購入して「よっしゃ毎日更新!半年後には1万円だ!」と意気込んでいましたが、現実はそう甘くないです。

甘くないというより、個人の問題の方が大きいですが…

あなたは飽き性ではないですか?

三日坊主と言われたことは?

これまでずっと継続しているものありますか?

少しでもこの質問に迷いを覚えるのであればまずは1か月はてなブログで、ブログを書くことをおすすめしたいです。

自分に適性があると判断してからはてなの有料会員になればいい。

稼ぐことを考えるのは有料会員になってから、適性があると判断してからでいいと思うぜ~

スポンサーリンク

WordPressのカスタマイズ性は大半の人には必要ない

ワードプレスブロガーの記事を見ると100%と言ってもいいほど、ワードプレスの利点にカスタマイズ性、自由度が高い!と勧められていますが、僕は思うのです。

ブログ書くだけならほとんどの人にとってそれはメリットとは言えなくない?

というのも、HTMLやCSSの勉強をブログで運営したい!という方や、Webの知識がある方は大きなメリットだと思いますし、Webデザインによって、同じコンテンツでも集客率が全く違うということは僕も知っています。

しかし、ブログをする本来の目的は記事を書くことですよね?記事を書くだけでも精一杯なのに、ブログのデザインまで気にして、そこに労力を回せますか?

そもそもあなた、Webデザインに興味ありますか?

余裕がなさそう、Webデザイン興味ないな、ブログを書きたいだけという方にとっては、カスタマイズ性が高いのは全くメリットではないです。

無駄ですからね。

自由度が高い!が利点にならないと僕が感じているのには、もう一つ理由があります。

 

大体の人が同じ有料テーマを使う

現在Wordpressでは「JIN・SANGO・Affinger」といった有料テーマが爆売れしています。どれも大体1万から1万5千円くらいです…高い…。

ちなみにこのブログも「JIN」を使用しています。

有料テーマがなぜ流行っているのかというと、簡単にカスタマイズができるという点です。

実際に僕も有料テーマを買って使いやすくなったし、様々な記事表現ができるようになった、そしてブログ自体もみやすくなったと満足はしています。

ここで突然の質問です…。

あなたは有名ブロガーのサイトを見たことがありますか?

どう思いましたか?

似ているなと感じませんでしたか?

そうなんです!

どいつもこいつもおすすめされるがまま、有料テーマを買いやがるので、どのブログもマジで見た目が一緒です。

もちろん僕の運営する「ひきにくのいきいきいきたい」も没個性的なブログの1つです。

正直このレベルならはてなブログでも、十分実現可能というか、はてなブロガーもこういう見た目のサイトを運営しています。

そこで原点に戻るんですが、もう一度カスタマイズ性が高い、自由度が高いの意味を考えてみてください。

自由度が高いからという理由でWordpressを選び、さらに1万超えの有料テーマを買い、そのカスタマイズ性を存分に活かしてブログを運営していますと言える人がどれだけいるでしょうか?

ほとんどの人もちろん僕もは自由度が高いから、ワードプレスにしています!と胸を張って言えないですよ。

そう考えると自由度が高いからという理由でワードプレスを選ぶって間違っていると思いませんか?

WordPressがSEOに強いは多分嘘

もう一つブロガーがあげるワードプレスの利点として、SEOに強い・SEO対策がしやすいというものがあります。

SEO対策とは簡単に言うと、自分のサイトが検索結果上位に入るために取り組む一連の活動のこと。自信がないので小さい字で書きました、読みにくくてすみません、読まなくていいです、検索してください「SEO とは」

真相はわかりませんが、僕はこれを嘘だと思っています

SEO対策に強い理由として多くのブロガーが挙げるのはSEO対策の為のプラグイン豊富にあることや、独自ドメインはグーグルに評価されやすいというものですが、SEOのことを調べれば調べるほど眉唾くさいです。

まずSEO対策のプラグインが豊富にあるからSEOに強いということですが、どうしてはてなブログにはそういった対策がされていないと考えるのでしょうか?

日本最大級のWebサービスですよ?SEO対策がされてない、弱いと考えるのには無理がありませんか?

もう一つは独自ドメインはグーグルに評価されやすいという件ですが、はてなブログも独自ドメインで運営できます。

グーグルが、このサイトはワードプレスの独自ドメインブログだから、評価をしよう、はてなブログの独自ドメインブログだから評価しないでおこうというアルゴリズムを組むと思いますか?

僕はそうは思えません。

キーワードに対する検索結果の上位表示を狙って、SEO対策をするのに、プラグインは~とか独自ドメインは~という評価基準はおかしいのでは?

しかも真相はグーグルの社員の中でも、検索に携わっている人しか知らないでしょうし、1ブロガーの言うことを鵜呑みにして、SEOに強いならワードプレスだ!と判断を早めないでほしいです。

そのブロガーも誰かの言っていたことの受け売りでしょうしね…

キーワードにあった良質な記事を書いているのであればどんな媒体を使おうが、1位になれますよ。

Google Adsenseに登録したら、表現の自由は失われる

はてなブログには規約があるから記事の内容に制約ができる。

それがデメリットだ!というブロガーが多いですがこれもどうなんでしょうか?

確かに規約があるということはそれだけ表現の幅、自由はなくなります。

それは事実です。

実際に規約を守らないことで、ブログを消されたという記事を見たことはあります。

なので規約があることは、間違いなくデメリットなんですが、よく考えててください!

ブロガーの大半はGoogle Adsenseに登録するということを。

アドセンスに登録することで、クリック・閲覧による広告収入が入るわけですが、同時にグーグルが定めた規約に同意する必要があります

僕ははてなの規約もグーグルの規約も詳しくは知りませんが、似たようなものでしょう。(突然の投げやり)

エッチな記事や出会い系、著作権を侵害する記事、暴力を含む過激な記事、政治に関する記事を書いたらアウトですよというものでしょう。

大半のブロガーが小遣い稼ぎにアドセンスに登録していて、規約を守ってブログを運営する必要があるので、実質はてなブログで運営しようがワードプレスで運営しようが規約がある中で記事を書かないといけないので、これはデメリットにはならないでしょう。

流石に突然ブログがなくなるのは困りますけどね(笑)

ちなみにアドセンスは一度アウトになったら、新しいブログでアドセンスに申請しても、通らないらしいです…

それくらい厳しいものらしいので、規約を破らないよう気を付けましょう…

まとめ

SEOについて知れば知るほど、アナリティクスの機能を知れば知るほど、はてなブログの記事を読めば読むほど、はてなブログにすればよかったという後悔が僕を襲います

というか、気楽にネタ記事を書きたいよ、バズるというわずかな可能性を信じてネタ記事を書きたいよ?

今からはてなブログにするのもありですが、僕はもうブログに5万円は投資しています。

しかし今のところ収益はせいぜいコーラ1本分くらいです。

なので、5万円を回収するまではこのまま運営しようと思います…

もうお金使いたくないよ???普通に貧困家庭だよ???

今回はワードプレスを使って半年の段階で評価したのでこの先ワードプレスにしてよかった!めっちゃいいじゃん!ワードプレス!!!となる可能性は否定しませんが、現状では、わざわざ高いお金を払ってワードプレスにする必要がなかったと思っています。

強く強く思っています

記事を書いたからには少しでも多くの人に届いて欲しいじゃない?

そう思うのが当然じゃない?

マズローも承認欲求があることは人間の本質であるみたいなことを言ってたじゃない?

僕ははてなブログの実情をあまりよく知らないので、憧れていますが実際ははてなブログでも全くアクセスが来ないかもしれませんし、本当にSEO対策が弱いのかもしれません…

ブログ界隈ではワードプレス一択という声があまりにも大きいので、それはちょっと違うのでは?と感じ今回この記事を書きました。

実際多くの人が有料テーマを買って没個性的なデザインで運営してますからね…

あと地味に気に入らないのが有料テーマにしたのにサイトが圧倒的に重くなったことです。

無料テーマの方がサクサクでしたわ(笑)

とにかく、有名なブロガーが勧めているから!というだけの理由で自分でよく調べもせずワードプレスでブログを始めるのは僕みたいに後悔する可能性が高いということを知っておいて下さい…

タイトルとURLをコピーしました