Kindle Unlimitedを3ヶ月無料で試してわかった良い点・悪い点を紹介します。

最近のコメント

コメントなし

Amazon
この記事は約5分で読めます。
6月末にKindle Unlimitedの30日間の無料体験を始めて、3ヶ月が経ち良い点・悪い点がわかってきたのでお伝えしていきます。

Kindle Unlimitedとは月額980円で和書12万冊・洋書120万冊以上読み放題サブスクリプションサービスですが、良い点・悪い点をご紹介していきます。

Kindle Unlimitedはこんな方におすすめ

・特定のジャンルについて幅広く勉強したい方
・自分にあった参考書や教則本を探している方
・子どもがいる方
・洋書を読みたい方
・日常的に読書をする方
・Kindleを持っている方
・とにかくエ○を求めている方

逆にこんな方にはおすすめできません

・読みたいタイトルがピンポイントで決まっている方
・日常的に読書をしない方

結論から言うと、月額千円にしては微妙だなという印象です。

それでは良い点から紹介していきます。

スポンサーリンク

1アカウントで6端末まで使用可能

個人的にKindle Unlimitedの一番の魅力が1アカウントで6端末まで使用できることです。

Kindleを持っていなくても、スマホ・タブレット・パソコン等のデバイスでKindleアプリをインストールすれば使用できます。

家族4人でKindle Unlimitedを使用すれば一人あたり月額220円とかなり安く多くの本を読むことができます。

何をレンタルしているのかということがバレるので、何を読んでいるか知られたくない人は家族共有はオススメしません。

参考書・教則本などのラインナップが強い

参考書や教則本などを買って、自分のレベルに合わなかった経験はありませんか?

参考書や教則本はレベルが低すぎても、高すぎてもやる気がでないものです。

しかしKindle Unlimitedなら参考書や教則本がたくさんあるので、とりあえずレンタルして、自分のレベルに合えばそのまま進め、合わなければすぐに違う本を借りてみようといった使い方ができるので便利です。

僕はよくプログラミングの書籍と、ギターの教則本をレンタルしては返却してと、様々なものを試しています。

ひきにく
ひきにく

1つの参考書をやり込むのも大切ですよね…

わからない単語は辞書を調べながら読める

これはKindle Unlimitedの良さというよりはKindleの良さなんですが、Kindleには辞書機能がついてるのでわからない単語があればすぐに調べることができます。

このようにページ内でわからない単語を調べることができるので、他のアプリを立ち上げ意味を検索するという手間が省けます。

洋書も同様に辞書検索できます。

またWikipedia検索や、翻訳機能までついています。

もちろんKindleアプリでも同じことができますよ!

作品が多い

和書12万冊・洋書120万冊という豊富なラインナップを揃えていますが、その中でもおすすめのジャンルは

児童書のラインナップが豊富

子どもが喜ぶ児童書のラインナップが豊富です。

絵本は500冊あり、電気や読み物に関しては2000冊以上あります。

実家に絵本は多くても30冊くらいしかなかったので今の子どもは多くの作品の読み聞かせ体験ができるので、恵まれていますね。

???アダルト作品が多い

これに関しては良いのか悪いのか人によって変わってくると思いますが、官能小説・セッ○ス指南書・アダルト雑誌・漫画のラインナップが豊富です。

日頃から官能小説やエ○漫画・同人誌・アダルト雑誌を店頭で買っている人はKindle Unlimitedに入った方が絶対に良いと胸を張って言えます。

店頭で買う気まずさもないですしね…。

ひきにく
ひきにく

ただおすすめ作品欄でエ○を全面的に勧めてくるのは本当に勘弁してい。

アダルト作品を読むならタブレットが断然おすすめです。

個人出版の作品が多い(作品数のカサ増しか…?)

ここからは不満点を紹介していきます。

まず12万冊以上と大々的に謳っているが、その中には信憑性の薄いブロガーの自伝や、たった10数ページの作品など、これ本と言ってもいいのか?と言えるような怪しい個人出版の作品が多いです。

ひきにく
ひきにく

ブロガーの僕がこんなこというのもあれですけどね…

読みたい作品が読み放題対象じゃないことが多い

Kindle Unlimited最大の弱点なのですが、先程同様12万冊あるはずなのに、読みたい本のタイトルを検索しても、読み放題対象作品でないことが多いです。

新作や人気の作品は読み放題対象にならないみたいですね…。

漫画も今どきのものはありません。

あなたの読みたい作品や好きな作者が読み放題対象なのかを試しに検索してからの方が良いかもしれません。

この本が読みたいんだ!という方には向きませんが、特定のジャンルの本を幅広く読みたい!勉強したい!という方にこそKindle Unlimitedはおすすめできます。

まとめ

記事を書く前は悪い点が多いと思っていたのですが、書き進めていく内に「あれ?悪い点あまりなくないか?」と思えてきました。

しかし読みたいタイトルがないというのは最大にして致命的な弱点ですよね…。

僕はKindle Unlimitedは月額千円払ってまで受けるサービスではないかな…と判断したので、現在は使っていません。

こんな方におすすめ

・特定のジャンルについて幅広く勉強したい方
・自分にあった参考書や教則本を探している方
・子どもがいる方
・洋書を読みたい方
・日常的に読書をする方
・Kindleを持っている方
・とにかくエ○を求めている方

逆にこんな方にはおすすめできません

・読みたいタイトルがピンポイントで決まっている方
・日常的に読書をしない方

現在は退会したものの月額980円でKindle Unlimitedほど多数のジャンルが読み放題なサービスは他に存在しません。

Kindle Unlimitedでは30日間の無料体験期間があるので、一度試して今後サービスを継続するかを考えるのが良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました